施工の進め方

施工の進め方

施工(工事)への進み方として、設計監理をどちらへ依頼しているかで
違いがあります。

一つは施主様が設計事務所に設計監理を依頼されている場合です。
この場合、施主様の希望する、もしくは設計事務所が紹介する施工会社へ
見積を依頼し、内容/金額に折り合いをつけながら
ご納得いった時点で工事契約となります。
現場では必ず設計事務所が施主様の代理として我々と打合を行います。
我々は、設計者と施主様が想いを込めてつくりあげた設計意図を汲み取り
より満足のいくものを作り上げる自信がございます。

もう一つは設計から一貫して我社に依頼していただいている場合です。
この場合、我社と進めていた設計図書が完成し、最終見積を行い、
施主様が金額及び設計内容について
最終的にご納得した上で工事契約となります。
現場では施主様が私共と直接打合を行うことになります。
この場合、専門家が自分の立場におらず不安があるかと思います。
ですので設計の段階で信頼関係を築いておくことが大事であると考えております。
我々は自分達の誇りある作品の一つとして、施主様の住宅を捉えておりますので
設計段階でそれを施主様と共有できる自信がございます。

引き渡し直前には必ず竣工検査を行い
手直し、残工事などを明快にし、解決してからお引き渡しとなります。