しんしつの明るさ

しんしつの明るさ

今度は作業机のある反対側の通路からの写真です。

写真右側の部屋が極端に暗いことがわかります。
この部屋は寝室になっており、開口部の大きさを調整することで自然光の量を調整しています。

寝室にも作業机が設けてあり、その近くだけは明るくなるように開口部と机の関係を決めました。
ベッドが設置される周囲にはあまり自然光が入らないように考えています。

また、寝室の下が店舗、向かいのLDKの下が子供部屋となっており、その二つの部屋が玄関吹抜けの大空間をかいして向かい合っています。
これは生活の音に配慮した断面構成になっています。

向かい合う性質の違う部屋に、それぞれにどのような窓が必要なのか
それを考慮しながら窓の形を決めていきました。

2014/12/26

O邸新築工事(N-03)
/ <藤匠住宅>設計施工