アトリエ入口から

アトリエ入口から

2015年7月竣工、ノビルデザイン改装工事
高岸設計室さんにお声掛け頂き、実施から引き継いだプロジェクト。

アトリエの入り口から目に飛び込んでくるインテリア写真。

高岸さんが基本計画で意図されていた開口位置や壁の意味を読み込み
その考えを充分に表現できるように、我々はディテールを決めていきました。


道路の向こう側にある木を切り取るマドは狙い過ぎず、ただ壁に空いた穴のように。

ノビルさんが楽しみながらつくる庭を眺める窓は
米杉を使った木枠で優しく見えるように。


壁の素材はお持ちの家具の背景として
またノビルさんがつくる作品の写真撮影するための背景としても使用するため
下地素材(グレー)と漆喰(白)、二つの左官素材を仕上として使いわけました。

2016/06/08

ノビルデザイン改装<高岸設計室+藤匠>
/ 設計+<藤匠住宅>/施工