アトリエからの景色

アトリエからの景色

2015年7月竣工、ノビルデザイン改装工事
高岸設計室さんにお声掛け頂き、実施から引き継いだプロジェクト。


写真はアトリエの打合テーブルに座ってみた景色。


玄関アプローチと景色となる庭を併用しています。
併用したのはスペースを最大限に活かすため。そのために住宅のアプローチ感を消すよう、塀の高さや仕上感、床材の選定、門扉のデザインを考慮することにしました。


隣地の看板が座った時に隠れるように検討しました。
塀を作った矢先に看板の取替えが行われたのでヒヤッとしましたが、新しい看板もギリギリ隠れてくれました。門扉や足元の素材も、住居アプローチのそれらしく見えないように意識し、大きな栗石を使用したり幅広のチェリー無垢材を門扉に使用したりと、ディテールや素材感にアプローチ感を消すための工夫を施したのです。

2016/05/25

ノビルデザイン改装<高岸設計室+藤匠>
/ 設計+<藤匠住宅>/施工