共同コンペ

共同コンペ

2015年12月にお引渡しした物件。設計は「ろく設計室」の平田大和さん。

この住宅との出会いや経緯は今までに無いケースでした。
プロデュース会社FORZAさんが主宰する、建主さんが数名の設計者から依頼する設計者を選ぶためのコンペ。今回の住宅では設計者が施工者を提案前に選び、施工者も含めてプレゼンテーションを行う、という内容です。それは、、つまり、、タッグマッチという事??と思いながら、面白そうでしたので、平田さんにお声掛け頂いた時にふたつ返事。

初手の案を練る段階から設計者さんと組む、この場合の藤匠住宅、つまり施工パートナーとしての役割は何なのか、という点を重要視しました。
我々が考えたキーワードは
「予算」「素材」「ディテール」の三つ。
これを我々が押さえる事で、平田さんには伸び伸びと案をつくってもらう狙い。
平田さんから初期案が出た後、キーワードを意識しながら詰めていく手法を取りました。

出来上がった住宅は高台の展望を最大限取り入れたものになり、内観は伸びやかに繋がるスキップフロア、外観は開口部や外壁廻りに手の込んだディテールを採用し、自然素材を贅沢に使いながらもスッキリとした仕上りとなりました。試したいディテールもいくつか試せ、我社にとっても初期案から絡めるメリットを充分に味わえたプロジェクトとなりました。

2016/04/20

I邸新築<ろく設計室>
/ 設計+<藤匠住宅>/施工